なんとかしたい背中ニキビとニキビ跡。ニキビ跡の赤みの原因を知り治し方、改善方法を知って実践しよう。
背中ニキビ・ニキビ跡の赤み、シミを知る|ケアコスメティクスTOPページ

生活習慣・ストレスなど、現代女性にとって避けられない『ニキビ跡の危険因子』

背中ニキビやニキビ跡の赤み、凸凹、シミ、それぞれの原因を知り、ニキビ跡や背中ニキビの治し方や化粧水による改善方法を知ろう。

紫外線、ストレス、ホルモンバランスの乱れから睡眠不足など...、
バリア機能の低下や、ニキビ跡背中ニキビの要因は挙げればキリがありません。

ニキビ跡背中ニキビの原因は忙しい現代女性にとって避けられないものも多く、
大人にきびは生活のだらしなさやケア不足の象徴のように扱われることもありますが、
そんなことは決してありません。ニキビ跡背中ニキビの凸凹、赤み、シミの悩みは、
日々忙しくがんばっている女性ほど、悩まされるのがニキビ跡の問題です。

これらの要因によって肌の水分が不足しバリア機能が低下すると、
角質層は肌を守ろうとして厚く肥厚していきます。

そうして出来た余分な角質が毛穴を塞ぐコメドやアクネ菌が原因の一端となり、
背中ニキビニキビ跡(赤み、凸凹やシミ)へと変貌していきます。

背中ニキビやニキビ跡の赤み対策

ニキビ跡とは、肌に出来た赤み(炎症)、凸凹(傷)やシミ(色素沈着)の事で、治療やケアで消す(治す)には個人差はありますが、
治療や手術をしても半年以上、場合によってはニキビ跡を消すことができるまで数年掛かる事もあるようです。

しかし、正しく適切なスキンケアで確実に消すための治療や改善する事が出来ます。ケアコスメティクスでは、
ニキビ跡背中ニキビの赤みの原因と消すための対策とケアアイテムでご自宅で実践できる治し方や改善方法のご紹介をしています。

ニキビ跡 赤みの原因

赤み イメージ画像

ニキビ跡の赤みは、
炎症を原因とする赤みです。
炎症と化膿のメカニズムと
赤みを消す、治療や予防、改善。

赤みを消す。原因と治療の詳細

ニキビ跡 凸凹の原因

凸凹 イメージ画像

ニキビ跡の凸凹は、
傷を原因とした凸凹です。
クレーター痕のメカニズムと
凸凹を消す、治療や予防、改善。

凸凹を消す。原因と治療の詳細

ニキビ跡 シミの原因

シミ イメージ画像

ニキビ跡のシミには
原因が違う2つのシミ
2種類の色素沈着のメカニズムと
シミを消す、治療や予防、改善。

シミを消す。原因と治療の詳細

ニキビ跡 治療・改善

ニキビ跡 治す(消す) イメージ画像

自宅でできちゃう!
ニキビ跡の治療には、
病院での投薬や手術だけでなく
スキンケアでも効果あり?

ニキビ跡 治す・消す 詳細

バリア機能を回復し、ニキビ跡の修復とニキビを繰り返さない肌へ

ニキビ跡の赤み 凸凹 シミ 原因と治療を知り治す(消す)。

『ニキビ・ニキビ跡の原因はアクネ菌とコメド』

大人にきびを繰り返さない肌を作るには、肌のバリア機能を回復させることが重要です。
そのために重要なのは『しっかりと保湿すること』と『肌に極力負担を与えないこと』です。
しかし既にできてしまったニキビ跡を消すためには、赤み、凸凹、シミと
それぞれの症状に合った治療やスキンケアで消すための適切な方法で予防と改善の対策方法が必要です。

ニキビ跡のタイプの違い

赤み … 炎症や、炎症が悪化することで化膿した状態によるものです。

凸凹 … クレータータイプとも呼ばれるこの症状は傷や皮膚組織の破壊によるものです。

シミ … 実は2種類あり紫色っぽいものと茶色っぽいものとではそれぞれ原因が違います。

ニキビ跡の赤み(炎症・化膿)、シミ(色素沈着)を消すためには、
まずは、それぞれの原因と症状を知り、そして治すために予防と治療・改善方法をご覧ください。

ニキビ跡を治す7つのポイント

ニキビ跡の赤みや凸凹、シミで消す為の治療でお悩みの皆様へ』
病院治療でニキビ跡のシミや赤み、凸凹を消すためにレーザー治療や手術などを受ける前に生活習慣をできるだけ改善しケアする事で、
ニキビ跡は毎日のケア方法を変えるだけでも消すために十分な効果が得られる場合があります、出来る事から始めていきましょう。

改善ポイント1.まずはメイクで消す(目立たなく)。気にし過ぎてしまうのも肌ストレスの原因です。

1.まずはメイクで消す(目立たなく)。

ニキビ跡をメイクで目立たなくする事で、
ある程度人目が気にならなくなるとおもいます。
ネガティブな思考は、全てのお肌トラブルや健康の大敵です。
(ただし出来るだけ低刺激の物を選ぶようにしましょう。)

改善ポイント2.睡眠時間に注意する。特に若返りホルモン(成長ホルモン)分泌の睡眠開始から3時間が重要です。

2.睡眠時間に注意する。

お肌のゴールデンタイムは睡眠開始時から3時間です、
この若返りホルモン分泌の3時間が深い眠りであることと、
過度の短時間睡眠や夜更かしは肌ストレスの原因、注意が必要です。
(睡眠もニキビ跡など肌トラブルの大きな要因のひとつです。)

改善ポイント3.食生活の見直しをおこなう。規則正しい時間と回数で身体のバランスを整えましょう。

3.食生活を見直す。

食事は出来るだけ3食きちんと取り、特に夜は遅くとも、
寝る3時間前までに済ませ、お菓子やジュースは控えましょう。
毎日、決まった時間にバランスよく食事する事が大切です。
(特に脂っこいもの、糖分の多いものや食べ過ぎはニキビ跡の天敵です。)

改善ポイント4.適度な運動を継続して行うことで新陳代謝を上げ、消す為の基礎再生力の向上へ。

4.適度な運動を心がける。

運動で新陳代謝をあげることでニキビ跡の原因となる、
にきびの予防と肌の基礎再生力や免疫力を高めます。
最初はエスカレータを階段にするなど無理なく始めてみましょう。
(無理してすぐにやめてしまうよりも、無理せず続けることが重要です。)

改善ポイント5.掃除と身だしなみで外的要因を減らす。特に寝具やタオルなどに要注意。

5.掃除と身だしなみに注意する。

ハウスダストやダニはもちろんですが、
ニキビ跡には直接肌にふれるものには、もっとも注意が必要です。
いつも使う枕やパジャマ、洗面室のタオルなどは毎日交換しましょう。
(特に寝具は寝汗などで目には見えない細菌や雑菌に要注意。)

改善ポイント6.にきびは潰さない!ニキビ跡の最大の原因です。スキンケアに力を入れましょう。

6.にきびを潰さず肌のお手入れに気をつける。

にきびを潰すとニキビ跡として残ってしまいます。
跡を残さず消す為には潰さず、メイクを落した後の洗顔と、
洗顔後のスキンケアに注力しましょう。
(こちらも出来るだけ低刺激の物を選ぶようにしましょう。)

皮膚科や美容外科の手術や投薬の前にまずはきちんと相談し、シミや凸凹、赤みなど症状をきちんと伝え相談し治療に活かしましょう。

7.皮膚科での相談・治療。

あなたのニキビ跡の症状や医師の治療方針との合致のために、
カウンセリングやセカンドオピニオンなどを利用し、
あなたにとってベストな治療や手術を受けれる病院を探しましょう。
(通院治療しているのに…、などの思いから来るストレスも逆効果です。
また方向性は違いますが「小顔矯正」なども気分転換には良いかもしれません。)

8.さいごに…。(ニキビ跡のシミや赤み、凸凹改善のために。)

ニキビ跡の赤み、凸凹、シミを消すため、原因と対策を項目別に解説と、おすすめのニキビ跡改善のスキンケア方法の紹介もしています、
是非、当ページ内以下の項目から各ページもご覧下さい。あなたにとってベストな治療、改善と対策につながればうれしく思います。

ニキビ跡 赤みを消す

赤みの理由と治療や改善方法を知り、赤みを消す方法 イメージ画像

赤みの原因は炎症と化膿。
炎症と化膿の原因を知り
赤みを消す治療や予防ケアを。

ニキビ跡 赤みの原因と症状、予防・改善治療方法

ニキビ跡 凸凹を消す

凸凹の原因と治療や改善方法を知り、凸凹を消す方法 イメージ画像

凸凹の原因は皮膚の傷。
クレーター痕の原因を知り
凸凹を消す治療や予防ケアを。

ニキビ跡 凸凹の原因と症状、予防・改善治療方法

ニキビ跡 シミを消す

シミの2種類の違いから治療や改善方法を知り、シミを消す方法 イメージ画像

茶色と紫色の2種類のシミ
2種類の色素沈着を知り
シミを消す治療や予防ケアを。

ニキビ跡 シミの原因と症状、予防・改善治療方法

ニキビ跡 治療・改善

ニキビ跡の治療・治す・消す、スキンケア対策方法のイメージ画像

ニキビ跡の改善とケア。
通院治療や手術の前に
まずは適切なスキンケアから。

ニキビ跡を消す為の治療・改善方法のご紹介。